玉川クリニック 玉川学園 玉川学園前 町田市 内科、消化器内科

当院について

院長挨拶

 

玉川クリニックのホームページをご覧いただきまして有難うございます。
当院は父、関 盛久が昭和37年3月に開院した玉川病院が前身です。
産婦人科、内科、小児科を標榜していたので、当院で出産されたお母さん、生まれたお子さんも多いかと思います。
その後昭和48年4月に玉川クリニックに名称変更。
私、関 盛仁は平成4年4月から消化器内科医として父と共に診療を開始しました。
平成10年1月には産科を終了し、私が院長となり玉川胃腸科クリニックへ名称を変更していました。
このたび平成22年10月、診療所改築を機に父はほぼ引退し、婦人科、小児科は終了、また大腸内視鏡検査を終了したため、再び玉川クリニックへ名称を変更しています。
現在は消化器内科、内科を標榜しています。
当院ではこれまで1万8千例を超える内視鏡経験例数があり、個人としては3万例を超える経験例数があります。
今後も地域のかかりつけ医として、また専門分野としては内視鏡を備えた消化器内科クリニックとして、皆様のお役に立てるよう努力していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

院長 関 盛仁

 

略歴

  • 昭和56年
    帝京大学医学部 卒業
     
  • 昭和56年~平成4年
    昭和大学藤が丘病院 勤務
     
  • 平成4年~
    玉川クリニック 勤務
     
  • 平成7年~平成23年
    昭和大学藤が丘病院 消化器内科 兼任講師

資格

  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医、指導医
  • 日本医師会認定産業医
  • 医学博士

当院の紹介

院内の様子

  • 待合室
  • 内視鏡検査後の休憩室


更新日:2011-02-07